無料で使える競馬予想専門メルマガスタンド【競馬まぐ】

ID:8805528競馬は期待値!勝つ事だけを考えた競馬予想

カテゴリ3連複予想/穴予想

競馬に勝つ為に必要なことは期待値の高い馬を買う事、この1点のみ。

血統も適性も騎手も臨戦過程も全て期待値の高い馬を探すための道具に過ぎない。

そんな期待値の高い馬を探すことだけを考えて情報提供をしているメルマガです。

メルマガ登録・解除 (ID:8805528)

バックナンバー すべて公開 発行周期 不定期 週2,3回
ホームページ »確認する 読者数 87人
最新日 2017.08.14 登録日 2017.02.01

携帯電話へメールが届かない場合

ドメイン・指定受信・本文にURLがあるメールの受信拒否などの制限をかけている方は、当サイトからのメール(メルマガを含む)を受信出来ない場合がございます。当サイトのドメイン「keibamag.com」を指定受信設定してください。

フリーメールのアドレス届かない場合

メルマガの文中の単語によっては意図せず「迷惑メール」に分類されてしまう場合があります。もし届いていない場合は、一度「迷惑メール」のフォルダをご覧ください。もし届いていた場合は当サイトから届くメールを分類しないよう設定をお願い致します。

【勝つ為の馬券】単勝・複勝と馬連・3連複はどうやって買い分ける?【サンプル】

2017年07月27日

【勝つ為の馬券】単勝・複勝と馬連・3連複はどうやって買い分ける?

こんにちは、MOTOです。


今回は普段メルマガ会員の方から頂いた質問について
答えた内容をシェアしたいと思います。


今回取り上げた質問の内容は

「本命馬の単複を買う時と買わない時の違いはありますか?」

です。


普段、馬券を買っていて本命馬は来たけれども
相手が抜けて馬券を外して悔しい思いをした。
という事はよくあると思います。

特に本命にした馬が人気薄の伏兵だったらなおさらですよね。



では、早速この質問について答えていきたいと思います。


まず頂いた質問の答えを最初に話すと

「単複の馬券を買うか買わないかは
切れる人気馬がどれだけいるかどうかに左右されます」


というものになります。



なぜこのような回答になるのかを話していきます。



回収率という観点から馬券を見てみると
基本的な考え方として、


“単勝=馬単1着付け総流し”

“複勝=ワイド総流し”


という理論が成立します。



※ 厳密に言えば単勝、複勝の控除率は80%で
馬単75%、ワイド77.5%と控除率は違うのでイコールにはなりませんし
単勝50倍以上の馬は期待値が下がるので正確には同じにはなりませんが
理屈上、同じという体で話をしていきます。


16頭立てでレースが行われる中で、1頭買いたい馬がいるとして
相手に選ぶ馬を全く絞れないという場合は
単勝1500円を買うのと、馬単1着付けで15頭に100円ずつ総流しをする
馬券を買っても的中率は変わりませんし、期待値も変わりません。


予想した段階で上記のような結果となった場合は
単勝を購入という形で問題がありません。


逆に相手馬に優劣がつけられない状態で
相手を無理矢理絞ってしまうよりも効率的だと言えます。




次に予想をした結果

1頭買いたい馬がいて、1頭絶対に来ないと思う馬がいた

という場合を考えてみます。


この場合、馬単1着付けで馬券を買おうとすると

本命馬から絶対に来ないと思った馬を除く全馬

という選択になります。


つまり、単勝を買うよりも的中率が少し下がり
単勝を買うよりも的中したときの配当期待額が少し上がります。

つまり絶対に来ないと思った馬の自信度(精度)が高ければ
馬単1着付け総流しの馬券を買った方が期待値は高いと言えます。




もう少し極端な例で考えてみます。


本命に買いたい馬が1頭いる。
1~3番人気の馬に対して絶対に来ないと思っている

という場合について考えてみると


単勝を買うよりも的中率が大きく下がり
単勝を買うよりも的中したときの配当期待額が大きく上がります。


この場合、絶対に来ないと思った馬の自信度(精度)が高ければ
馬単1着付けで流しの馬券を買った方が断然期待値は高くなります。


つまり、切れる人気馬がいればいるほど
馬連、馬単、3連複、3連単などの
2頭以上馬券に絡むことで的中を得るタイプの馬券券種は期待値が上がりますので
この場合は馬連、馬単、3連複、3連単などを選択して馬券を買います。



ただ、結果として本命馬が勝って、切った馬が2着に来ることもあります。
(競馬に絶対はないので、それなりの確率で来たりします)


こういった結果になってしまうと

「単勝を勝っておけば良かった」

と思いがちですが、私は買う必要がないと思っています。


自分で来ないと予想をした訳ですから
自分の予想を信じて期待値の高い馬券を買うべきだと思っています。




余談ですが、私の今年(2017年7月9日まで)の成績を見てみると
単複の回収率は共に80%前後と100%には及んでいません。


しかし、馬券の収支はどうかというと現時点で150%を超えています。



これは人気馬を切るという期待値を上げるための合理的な戦略が
収支改善に繋がっている結果だと言えます。


ちなみに2015年の年間収支は約120%でしたが
この年も単複の回収率は75%前後でした。


もう少し予想力を上げて本命馬を選ぶ精度を上げなくてはいけない
という課題はあるのですが、
それでも単勝や複勝といった当てやすい馬券に流されずに
馬券を買っていった結果なのかなと思います。



もし、馬券を買う際に
単勝にしようか、馬単にしようか迷ったときには
相手となる馬に対してどのような評価をしているのか?
相手となる馬をどれだけ絞れたのか?


という事を念頭において馬券を買っていくと
結果がどんどん良くなっていくと思いますので
是非、実践してみて下さい。

バックナンバー

1 / 9