今週の重賞は関屋記念&エルムステークス!!

競馬まぐ管理人です。

今週は関屋記念&エルムステークスが開催されますね♪

夏競馬もいよいよ後半戦突入という感じですね~。

みなさんの馬券の調子はいかがでしょうか?

管理人はというと・・・

絶不調ですぅ~(>_<)

本当に難しいレースが多いですよね~。

なかなか勝てない!!!

調子が良い人が羨ましいですぅ・・・

今週こそ頑張りたいと思います♪(なんか毎週同じことを言っている気がする・・・)

 

 

では恒例ですが主要な競馬ニュースから。

 

昨年8月14日札幌での落馬負傷から、今週1年ぶりに復帰する三浦皇成騎手(27=鹿戸)が9日、復帰場所に選んだ札幌競馬場で3頭の調教に騎乗した。
エルムSで騎乗するドリームキラリの追い切りでは併せ馬できっちり併入。約3週前から美浦で調教を再開させており、ブランクは全く感じられなかった。同騎手は「懐かしいですね。夏は毎年札幌に来ていたので、美浦よりしっくりくる感じ。春先からここ(での復帰)に照準を合わせてきた。レースをする場所で追い切りに乗れたのは大きいし、うれしい」と目を輝かせた。

いよいよ三浦皇成騎手がレースに復帰しますね!!

昨年の札幌で落馬事故から早一年。

よく戻って来てくれました(:_;)

凄まじい苦労をされたでしょう。

まずは無事に騎乗して欲しいですね!!

 

 

ダービー馬レイデオロ(牡3、藤沢和)の全弟レイエンダ(牡2、同)が骨折したことが10日、分かった。
所有するキャロットクラブHPによると、この日に行ったエックス線検査で左膝に小さな骨片、右膝にとげ状の骨膜、右前副手根骨の骨折が確認されたという。快勝した7月30日の札幌新馬戦で負ったとみられるが、比較的軽症のようだ。近日中に骨片摘出と骨膜のクリーニング手術を行う予定。

来年のダービー馬と呼び名が高かったレイエンダがまさかの骨折。

この兄弟は脚元が弱いですね・・・

ちゃんと治して来年のダービーを盛り上げてほしいと思います!

今週は関屋記念!

そちらの情報から。

メートルダール(牡4、戸田)はウッドコースでアサクサレーサー(古馬500万)に2馬身先着した。直線を向いての反応は抜群で、5ハロン66秒3-13秒2をマーク。
戸田師は「無理しないでいい時計が出た。落ち着いているしいい状態」と好感触だ。降級戦の前走は初のマイル戦に対応し、即オープンに返り咲き。2戦2勝のM・デムーロ騎手とのコンビは侮れない。

ミルコ騎手と相性が良いメートルダール。

重賞を勝てなかった馬がいよいよ重賞制覇なるのでしょうか?

テイエムジンソク(牡5、木原)が初タイトルに向け、迫力満点の動きを見せた。
角馬場からダートコースに出ると、5ハロンからじわりと加速。直線を向いて右ステッキがビシビシと入り、鋭く加速してフィニッシュした。65秒9-12秒3。
馬から降りた武英技術調教師は「順調ですね。しまいはしっかりやった。やれたということは、いいと思ってもらっていいです」と満足そう。そして「前走(マリーンS=1着)は15-15の追い切りで、無理やり半分で使ったところがある。仕上げは今回の方がいい。断然きっちりできた」と笑顔で続けた。重賞初Vのチャンスだ。

前走が強かったですよね~。

初重賞制覇がかかるテイエムジンソク!!

頑張ってくださいね♪